住宅ビジネスフェア2019 / 非住宅 建築フェア

2019年6月6日(木)・7日(金)
東京ビッグサイト 10:00~17:00

特別講演&専門セミナー

特別講演専門セミナー

セミナータイムテーブル

※現在準備中です。しばらくお待ちください。

 

 

特別講演

20XX年、3Dプリンターで家は建つのか?
~国内・海外の最新事例から見る建築物への応用~

3Dプリンティングの建築都市分野への応用

慶應義塾大学 環境情報学部 教授
田中 浩也 氏

田中 浩也 氏
詳細 ▼

コンクリートおよび樹脂による3Dプリンティングの建築都市分野への応用に関する最新の事例と、慶應義塾大学SFC研究所で開発している3Dプリンタ前提設計=DfAM (Design for Additive Manufacturing)のソフトウェア・ツール群を紹介する。さらに3Dプリンティングを未来の「スマートシティ」の大きな文脈の中に位置づけ、2030年までの大きなロードマップを提示する。

プロフィール

慶應義塾大学環境情報学部教授。1975年札幌市生まれ。工学博士(社会基盤工学)。2010年MIT建築学部客員研究員。市民包摂型ものづくり施設「ファブラボ」の日本における発起人で2011年に「ファブラボ鎌倉」を設立。2012年慶應義塾大学SFC研究所「ソーシャルファブリケーションラボ」設立。2015年より文部科学省COI「感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点」慶應グループ研究リーダー。デジタルファブリケーションの可能性を「技術」と「社会」の両面から研究・実践している。第9回世界ファブラボ会議(横浜)実行委員長(2013)、経済産業省「フロンティアメイカーズ育成事業」プロジェクトマネージャ(2014)、総務省「ファブ社会の基盤設計に関する検討会」座長(2015)などを歴任。

3Dプリンターで住宅や橋を建設する時代がやってきた

(株)イエイリ・ラボ 代表取締役/建設ITジャーナリスト
家入 龍太 氏

家入 龍太 氏
詳細 ▼

3Dプリンターはもはや小さな建築模型を作るだけのものではない。コンクリートや砂、土、さらには鉄を使って、実物の住宅や建物、土木構造物を造る建設機械としても進化しつつあるのだ。建設機械としての3Dプリンターの仕組みから、世界や日本における研究開発や実際の建設プロジェクトの最前線を豊富な動画で解説する。さらにBIM/CIMやi-Constructionと連携することで、建設業界がどう変わっていくのかも展望する。

プロフィール

IM/CIMやi-Construction、AIなどの導入により、生産性向上、地球環境保全、国際化といった建設業が抱える経営課題を解決するための情報を「一歩先の視点」で発信する建設ITジャーナリスト。チャレンジを「ほめて伸ばす」のがモットー。「年中無休・24時間受付」で、建設・IT・経営に関する執筆や講演、コンサルティングなどを行うほか、関西大学非常勤講師として「ベンチャービジネス論」の講義も担当。公式サイトは「建設ITワールド」。

セメント系材料を用いた3Dプリンターの開発

(株)大林組 技術本部 技術研究所 生産技術研究部 主席技師
金子 智弥 氏

金子 智弥 氏
詳細 ▼

建築物や土木構造物にはコンクリートをはじめ多くのセメント系材料を用いますが、これらは十分な強度に達するまでに一定の時間を要するため、3Dプリンターの利用には多くの課題があります。今回開発した3Dプリンターは、ロボットアームから材料を吐出し、積層造形することで部材を自動で製造します。また、引っ張り強度を負担できる材料との混合構造にすることで、鉄筋を用いることなく大規模な構造物を実現します。

プロフィール

早稲田大学理工学部建築学科修士課程を1992年に修了し、大林組に入社。同社の技術研究所にて、一貫してICTとロボティックスを利用した工事の生産性向上技術の開発を担当。

非住宅建築の木造・木質化 最新動向

環境木化都市の実現を目指して <W350計画>

住友林業(株) 理事 筑波研究所長
中嶋 一郎 氏

中嶋 一郎 氏
詳細 ▼

住友林業は<街を森にかえる環境木化都市>の実現に向けて、創業350年の2041年に木造超高層建築物を実現する研究・技術開発構想<W350計画>を始動しています。建築構法・環境配慮技術・使用部材や資源となる樹木の開発など未来技術へのロードマップをご紹介します。

プロフィール

1958年12月 和歌山県生まれ
1981年 3月 大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒業
1989年 4月 住友林業(株)キャリア入社
2008年 4月 住宅事業本部 商品開発部長
2010年 4月 コーポレート・コミュニケーション室長
2011年10月 知的財産室長
2016年 4月 筑波研究所長
2017 年6月 理事 筑波研究所長(現任)

竹中工務店の木造・木質建築への取組み

(株)竹中工務店 木造・木質建築推進本部長
松崎 裕之 氏

松崎 裕之 氏
詳細 ▼

※現在準備中です。しばらくお待ちください。

プロフィール

1960年10月4日生まれ
1986年3月 東京工業大学大学院 社会開発工学専攻修了
1986年4月 (株)竹中工務店 入社
1986年4月 大阪本店
1986年4月 東京本店 設計部構造課
1996年9月 東京本店 マレーシア作業所
1997年4月 東京本店 設計部構造部門
2001年4月 国際支店タイ竹中 構造部門シニアマネジャー
2007年4月 東京本店 設計部構造部門 課長
2009年4月 東京本店 設計部構造部門 グループリーダー
2015年4月 東京本店 設計部構造部門 部長
2016年9月 木造・木質建築推進部門 本部長 就任、現在に至る

多様な人財や女性がもっと活躍できる「現場環境」の創り方
~新3K(給料・休日・希望)の実現に向けて~

それでいいのか現場のトイレ~快適トイレ推進プロジェクトの取組み~

全国低層住宅労務安全協議会 会長
石野 健二 氏

石野 健二 氏
詳細 ▼

全国低層住宅労務安全協議会は平成元年の発足当初から一貫して低層住宅建設の労災事故撲滅の為に活動を行っており、近年現場の仮設トイレ環境改善に力を入れている。平成29年には「快適トイレ推進プロジェクト」を発足。国土交通省が原則化した土木業界の快適トイレ等を参考に、住宅建設の現場に装備の整った「住宅版快適トイレ」を拡げようと行政や関係団体、企業向けに会員会社と日々活動している。今回のセミナーではこれら活動の紹介を行う。

プロフィール

略歴:1968年岡山県生まれ
1990年大手住宅メーカー入社・現在勤務
   工事現場担当、工場生産管理担当
   本社生産購買本部グループ長
   お客様相談センター長
   顧客室長、工事責任者等歴任
2015年本社安全管理部担当次長
2016年労働安全コンサルタント取得
2017年全国低層住宅労務安全協議会会長、安全関係団体委員他

じゅうたく小町  女性技術者からの職場環境改善提案 ~全ての人が働きやすい建設業を目指して~

全国低層住宅労務安全協議会・じゅうたく小町部会

詳細 ▼

じゅうたく小町は、全国低層住宅労務安全協議会を母体組織とした低層住宅建築現場に携わる女性技術者・技能者の集まりであり平成28年に発足した。安全で働きやすい現場・職場環境の創造のため、会社や分野の枠を超えて情報交換や改善活動を行っている。今回の講演では、これまでの活動の成果と今後の展望について発表を行う。

プロフィール

※現在準備中です。しばらくお待ちください。

「民泊の今とこれから」
~リノベーション・リフォーム市場に与える大きなインパクト~

2020年以降の民泊はどうなる?次期法改正の方向は?

全国民泊同業組合連合会 事務総長
伊藤 泰斗 氏

伊藤 泰斗 氏
詳細 ▼

現在の住宅宿泊事業法はなぜこうなったのか?
民泊を始める際に、住宅宿泊事業法、旅館業法、国家戦略特区、農山漁村余暇法、いずれで開業するのがよい?
今後、訪日外客数がどこまで増えると考えられる?
宿泊施設需給は今後緩和するのか逼迫するのか?
現実的に民泊法制や宿泊法制に深くかかわっているリアルな事業者の連合体が、そんなリアルな疑問にお答えするセッションです。

プロフィール

元日本総合研究所調査部/元デロイトトーマツFAS-VP
一橋大学商学部から三井住友銀行、日本総合研究所を経て、デロイトグループのコンサルティング会社に入社。コンシューマービジネスの経営戦略担当として、主にホテル/スーパーマーケットなどの経営戦略策定・業務改善・評価業務に従事。その後、ホテルの運営会社を創業。主としてホテル、旅館等のターンアラウンドを主眼においた運営受託業務を手掛ける。自身もアセットマネージャー責任者としてデザイナーズリゾート旅館や地方のグランドホテル、アーバンリゾートホテルの現場に身を置き、特に集客に注力した経営改善を実施。関与したホテル・旅館は40軒以上に及ぶ。会社売却後、デロイトトーマツFAS株式会社において、ホテル業界に対してアセットマネジメント業務を提供。2013年期末に退職し、2015年9月に宿泊施設の政官広報・業界内広報・一般国民広報を担務する財団法人宿泊施設活性化機構を創設。2017年より、ツーリズムEXPOジャパン、ジャパン・ツーリズム・アワード選定委員(日本旅行業協会)、内閣府規制改革推進会議参考人招致、民進党国土交通委員会参考人招致など、旅館業法、民泊新法等の法令制定にも深く関わる。

これからの住宅の新たな指標 ~住宅価値保証~

業界初!「住宅価値保証制度」とは?

(一社)長寿命住宅普及協会 専務理事
唐澤 一雄 氏

唐澤 一雄 氏
詳細 ▼

※現在準備中です。しばらくお待ちください。

プロフィール

※現在準備中です。しばらくお待ちください。

 

 

専門セミナー

6月6日(木)
A会場
10:30-11:15

古い水道管の安価な修復法が工業技術として完成

都市拡業(株) 取締役社長
田尻 恵保 氏

田尻 恵保 氏
詳細 ▼

水の質を変え給水管内に発生した赤錆を黒錆に変え管を延命する「酸化被膜工法?」とはどのようなこうなのか。その施工方法やメカニズム、メリットなどを分かりやすくご紹介いたします。

プロフィール

1971年一橋大学卒業。1977年同大学院博士課程修了。現在は創業109年の都市拡業(株)の代表取締役。同社製造の水改質装置を給水管の劣化対策に適用した「酸化被膜工法」を展開。2014年その水改質効果の測定装置を完成。同工法の工業化が完成し、2017年に国土交通省のNETIS認定を受ける。
(関係論文)
日本工業出版「建築設備と配管工事」第52巻4号
日本工業出版「建築設備と配管工事」第55巻9号
(受賞歴)
2004年「よこはまビジネスプラン大賞」
2017年「かながわ産業ナビ大賞」奨励賞

11:30-12:15

仮設トイレは進化する!快適・安全性への挑戦~IoT・快適トイレ~

(株)ハマネツ 営業企画部 営業推進グループ リーダー
鈴木 健介 氏

鈴木 健介 氏
詳細 ▼

イベント会場などで発生するトイレ混雑問題やトイレ管理者にとって煩雑な管理業務など、トイレ環境の改善が求められています。本セミナーでは、注目を集めている”IoT技術”を活用し、トイレ管理者とトイレ利用者の双方に快適な空間をご提供する仮設トイレ総合管理システム「hint」をご紹介いたします。また、建設現場の労働環境改善の一例として住宅の建築現場向け「快適トイレ」、これからの季節に活躍する「防臭・防虫剤」をご提案致します。

プロフィール

会社情報:1962年、静岡県浜松市にて設立。1975年、FRP製トイレユニットを開発し、トイレユニットのバリエーション展開や今では当たり前となっているポンプを使った洗浄方式の導入など、屋外トイレのリーディングメーカーとして業界を牽引し続けている。現在、業界トップクラスの室内サイズを持つ仮設トイレ“TU-iXシリーズ”を販売しており、新たな業界のスタンダードトイレとして販売を伸ばしている。企画・開発から生産、販売まで一貫した体制により、お客様の声やニーズを反映した常に新しい製品の創造を心掛けている。
講師情報:2009年、(株)ハマネツ入社。開発業務、営業などを経験し、現在は営業企画部に所属し仮設トイレ総合管理システム「hint」の普及などに努めている。

12:30-13:15

高値・安定入居率を実現。次世代型ペット共生マンションの付加価値とは。

アニドック(株) 代表取締役社長
野中 英樹 氏

野中 英樹 氏
詳細 ▼

「次世代型ペット共生マンション」が生み出す付加価値の仕組みについて説明。
獣医師監修によるオリジナル設備、弊社代表が培ってきたペット共生に特化した管理ノウハウを集約し、ペット・飼い主・オーナー・建築業者・管理会社の誰もがWin-Winとなる賃貸マンションを提案。「相場より高い家賃設定の秘訣」や「オーナーを悩ませる原状回復負担」などの疑問にもお答えする。

プロフィール

1994年、アドホック(株)(現在、西武グループ/(株)西武ペットケア)のファウンダー(創業者)として、ペット共生集合住宅を特許ビジネスモデル化し、ハウスメーカーやゼネコンへライセンスするビジネス“ペットケアマンションノウハウライセンス事業”とペットケアショップPETSPAチェーン展開で成功する。

2006年、(株)ペイクのビジネスプランを完成、ペットメディアを保有する日本で唯一のペットに特化したマーケティング・コンサル企業としてヒット商品をプロデュース。

2015年、軽度動物医療チェーンをビジネスモデルとしたアニドック(株)を設立、現在に至る。

13:30-14:15

戸建着工棟数減少の中、塗り壁で年間1,000棟の施工実績を創る秘密とは!

ゲーテハウス(株) ウォール事業本部 営業部 部長
山崎 晴也 氏
ゲーテハウス(株) ウォール事業本部 特販事業部 部長
崎山 剛 氏

山崎 晴也 氏
崎山 剛 氏
詳細 ▼

※現在準備中です。しばらくお待ちください。

プロフィール

※現在準備中です。しばらくお待ちください。

14:30-15:15

住宅インスペクション業務の切り札!
~スマートデバイス活用による業務改善~

(株)G-Smart 取締役 ビジネスソリューション部 部長
中村 昌章 氏

中村 昌章 氏
詳細 ▼

住宅インスペクションや各種点検の業務は、非常に広範囲で精緻な項目を対象としており、現場作業から始まり~記録及び写真を取り~報告書としてまとめ~分析・判断に至るプロセスの効率化が求められます。
今や高度なマルチ端末となりつつあるスマートデバイスを駆使した活用で、フィールド業務の効率化を通じて働き方改革を提案します。

プロフィール

(株)G-Smart 取締役
(株)ゴーイング・ドットコム 取締役

滋賀県出身。長年IT業界の営業・マーケティング分野に従事し、2014年より㈱G-SmartでSmartAttack事業の責任者として携わる。

B会場
10:50-11:05

建築会社の強みを最大限に活かした不動産業参入の成功のポイント

(株)物件王 代表取締役
藤井 達朗 氏

藤井 達朗 氏
詳細 ▼

実際に不動産仲介業に参入してからの8年間と、その中でわかってきた独自の理論や考え方をお伝えします!
不動産という業界に対する当然の不安や疑問も、経験した事実を元にお答えできること間違いなしです。
不動産事業の立ち上げ支援と自社の不動産仲介業参入を経て明らかになった、建築会社の強みを最大限に活かした不動産仲介業新規参入の成功のポイントをご紹介させていただきます。

プロフィール

1992年に外装工事会社の(株)ケイシンを創業。
さらに2002年には建築会社、(株)タツケンを創業。
業績に伸び悩んでいたが、8年前まったくの素人3人で始めた不動産をたった2年で地域 ナンバー1店に!
建築の受注を不動産窓口から一気に増やした。自ら不動産の営業として第一線で活躍し、いかに建築と不動産の相性が良いかを身をもって体験。
現在は(株)物件王の代表取締役として全国の建築会社・工務店の不動産参入支援を精力的に行っている。加盟店は100社を突破。

11:50-12:35

中・大規模木造における 『設計の自由度』と『コスト』の両立

BXカネシン(株) 営業統括部多目的木造営業推進課 高橋 直樹 氏
木構造テラス 代表理事 實成 康治 氏

高橋 直樹 氏
詳細 ▼

木材利用促進法の施行を背景に、公共・民間を問わず中・大規模木造建築の需要は高まっている。中・大規模木造はコストが高く、コストを抑えると設計の自由度が低いと思われがちだが、著しい進歩を見せる既製の接合金物やプレカット会社の加工能力といった住宅生産インフラを活用することで「設計の自由度」と「コスト」の両立が可能となる。本セミナーでは特に需要が大きい中規模木造プロジェクトにおける勘所を概説する。

プロフィール

1971年 岡山県生まれ
東京理科大学工学部第二部建築学科卒業
銘建工業(株)にて大規模木造建築の設計・施工に従事した後、(株)タツミにて中規模木造建築に対応する接合金物(テックワンP3プラス)を考案し開発を担当。
平成27年 木質構造に特化した構造設計事務所としてウッド・ハブ(同)を設立。また木質構造の活用を広く共有することを目的とした「木質構造の設計情報を共有する会」(通称:木構造テラス)の代表理事も務める。

12:50-13:35

安全・安心・利便性を提供する電子錠『edロックPLUS』のご提案

(株)エストプラス 住設機器事業部 / (株)アルファ 営業部 大阪営業課 課長
飯村 将平 氏

飯村 将平 氏
詳細 ▼

賃貸住宅にあらゆる安全・安心・利便性を提供できる電子錠『edロックPLUS』のご紹介。商品の詳細の説明。またどのように運用すれば収益が上がるのか?また管理が簡素化になるのかも説明。鍵管理に纏わる方法をご説明をいたします。また昨年発売した電池式宅配ボックス『ed-CUBE』も紹介。電子錠『edロックPLUS』と連動できるワンランク上のセキュリティをご紹介いたします。

プロフィール

2001年(株)アルファに入社、コインロッカー全般の販売・営業、ゴルフ場への貴重品ロッカーの販売・営業、分譲マンションデベロッパーへ電気錠の販売・営業を経験し、2008年~賃貸市場を担当 賃貸管理会社等へ累計数千社訪問。あらゆる顧客に安全・安心・利便性を提供できる電子錠『edロックPLUS』の提案を行い、製品供給・運用のコンサルティング・アフターサービスと一気通貫でサービスの提供を行うことを得意としている。また各社に沿った運用マニュアルを作成できるところも魅力の一つ。顧客から絶大な信頼を得ている。

13:50-14:35

「図面をなぞる」
簡単操作の全く新しい積算ツール「ズカラカズ」

(株)理世化学 代表取締役
大澤 正樹 氏

大澤 正樹 氏
詳細 ▼

2018年2月 特許取得!国土交通省アドバイザリー事業。あらゆる図面をスキャンしてなぞるだけで原価計算・積算見積・発注書・実行予算書・請求関連帳票をカンタン作成できます。 そんな画期的な建築積算ソフトのプレゼンテーションを行います。 実際の現場の声から生まれた「ズカラカズ」をわかりやすくご紹介します。

プロフィール

札幌を拠点とした住宅施工会社「(株)リヨ・デ・ホーム」の代表でもある。住宅業界全般のコンサルタント業や他社の商品開発なども手掛ける。国土交通省、北海道とも連携し建築業界の発展のため活動しています。

14:50-15:35

「にっぽん水洗化計画」
圧送水洗トイレが創る快適な環境

(株)アム 専務取締役
新保 昌貴 氏

新保 昌貴 氏
詳細 ▼

現在、住宅工事の現場では職場環境の快適性と近隣環境への配慮が求められており、工事現場用仮設トイレの「快適トイレ」が重要なアイテムとして注目されています。そして、その「快適トイレ」を作り出す最善のシステムが「圧送水洗トイレ」であると考えます。セミナーでは普及しつつある「圧送水洗トイレ」の有効性と問題点、また、圧送水洗トイレのシステムを組み込んだ福祉機器「流せるポータくん」の有用性と新しい商材としての魅力について説明します。

プロフィール

(株)アム 専務取締役
(株)アイファクトリー 代表取締役
製造開発部門及び福祉事業部門を担当
2002年に工事現場用の圧送水洗トイレ「デジタル水洗」(現在の名称は「どこでも水洗」)を開発しレンタルを開始、ハウスメーカーや大手リフォーム業者を中心に累計65,000件のレンタル実績を有する。2006年に「デジタル水洗」の開発時に取得した排水システムの特許を利用し、介護福祉機器として水洗式ポータブルトイレ「流せるポータくん」を開発、介護ロボットとして在宅介護、老人福祉施設などで多く利用されている。

C会場
11:10-11:55

年間2,000件以上実施のホームステージング企業が売れる演出事例を公開

(株)ホームステージング・ジャパン COO
加藤 望美 氏

加藤 望美 氏
詳細 ▼

※現在準備中です。しばらくお待ちください。

プロフィール

※現在準備中です。しばらくお待ちください。

12:10-12:55

経営資源をコア業務に集中化!「働き方改革」を実現するアフター体制とは?

(株)アイジーコンサルティング 法人課 課長
美和 有輝 氏

美和 有輝 氏
詳細 ▼

2009年に施行された長期優良法により、お引き渡し後のアフターサービスの充実と、それに対する建築会社様の責任が、年々強まっています。
アフター体制構築には、点検人員のほか、点検管理・アポイント業務・人材教育など、多くの人材・時間・経費を要します。また、建築業務と兼任で対応すると、完工能力の低下や社員の業務圧迫を招きます。
アフターサービスは充実させたい。けれども、コストや手間は抑えたい。そんな建築会社様の課題解決のヒントをお伝えします。

プロフィール

2003年に(株)アイジーコンサルティングに入社。その後3年間、住宅点検業務にて、約1800件の住宅点検を行う。
2006年に同社の建築事業(現・アイジースタイルハウス)の立ち上げに携わる。その後、横浜にて戸建注文住宅の営業を行う。
2010年、これまでの経験を活かし、東京にて住宅会社様向けのコンサルティング事業を開始する。これまでに累計120社の住宅会社様の、アフター体制構築に携わってきた。
現在は、取引先数約5000社の法人部門の営業責任者を務めている。

13:10-13:55

残土が出ない! 砕石の地盤改良 エコジオ工法

エコジオ工法協会 会長
尾鍋 哲也 氏

尾鍋 哲也 氏
詳細 ▼

砕石の地盤改良 エコジオ工法について
①施工実績、採用事例、無排土のメリット
②エコジオ工法の特長
 ・価格の比較、コストダウンの事例紹介
 ・残土処分費の削減
 ・低騒音、低振動、こびり付く粉塵がない
 ・品質の管理方法、データの改竄防止の仕組み
 ・施工中の穴の崩壊防止
③住宅会社様のメリット
④住宅営業でのお施主様への説明方法

プロフィール

1962年2月21日生まれ 57歳
三重大学農学部農業土木学科 卒業
三重県松阪市在住
エコジオ工法協会 会長
(株)尾鍋組 代表取締役
松阪東ロータリークラブ所属
社会から求められる企業を目指さし、公共土木事業で培ったノウハウを基に、三重大学との共同研究により環境にやさしいエコジオ工法を開発。
全国に52ヶ所のエコジオ工法施工代理店網を構築。施工代理店や三重大学教授らと共にエコジオ工法協会を設立し、全国の会員とともに採用いただくお施主様、住宅会社様とともに地球環境の保全と土地の価値の保全に取組む。

14:10-14:55

賃貸マンションに係るマーケット動向と今後の開発戦略について

スカイズリアルエステートアドバイザリー(株)
代表取締役
 坂本 雄介 氏
(株)パルデザインスタジオ
代表取締役
 栗木 達雄 氏

坂本 雄介 氏
栗木 達雄 氏
詳細 ▼

賃貸マンション市場の動向や商品ニーズについて、また、その商品ニーズに応じた商品開発や戦略を考える中で、加速度的に変化してきた居住スタイルについての要望や需要を生かし、モダンで使い勝手がよく、ユーザーの方々が快適な日常生活を送ることが出来るよう、また、事業者の方々にも入居率の向上、インカムの増加、投資の削減による投資計画の改善など貢献できるよう提案をさせていただきます。

プロフィール

坂本 雄介:2011年大手不動産鑑定会社「谷澤総合鑑定所」入社。2016年財務会計系コンサルティングファーム「デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー」入社。2018年9月に「スカイズリアルエステートアドバイザリー(株)」を設立し、代表取締役に就任。不動産鑑定評価業務のほか、不動産デューデリジェンス、不動産有効活用検討支援、不動産開発における事業計画検討支援、ホテル等のマーケットレポート作成、事業用不動産の売買仲介等の各種不動産コンサルティング業務を提供している。

栗木 達雄:1973年国立豊田工業専門学校建築科卒業。大手ゼネコン設計部に入社。その後、東京の建築設計事務所を経て、1977年名古屋に戻り建築設計事務所に入り住宅に取り組む。翌年退社し独立。以来、商業建築、戸建て住宅、賃貸住宅、病院、老人保健施設、等を手掛ける。イタリアのデザインが好きで60回ほど渡欧。イタリアンアパレルのブティックを表参道に構えるなど、デザインの垣根を超えて動き回る。近年、住設のプロダクトに興味がわき住設に人間工学の理論を持ち込み、商品開発も行っている。

15:10-15:55

クラウドで情報共有に成功するシクミ
~27,000社導入の成功の裏側~て

(株)ダンドリワークス 代表取締役社長
加賀爪 宏介 氏

加賀爪 宏介 氏
詳細 ▼

昨今、現場管理ツールを導入して現場の生産性を上げる事は常識となってきました。しかし、こういったツールを導入したものの、思うような結果が生まれない…そういった声が現場では溢れています。その一番の要因が『現場まで落し込み』ができていないことです。その反対に、導入に成功した企業に共通していることがあるのをご存知でしょうか?テクニカルで難しいことではなく、とてもシンプルなことです。27,000社以上の落し込みに成功した裏側を大公開。

プロフィール

関西の建築・不動産会社に10年間勤める。入社当時、年商2 億だった会社を数年で年商20億の会社に成長させる。その間に社内ベンチャーとして、建築・不動産業をトータルでサポートするコンサルティング会社、株式会社リアルターソリューションズ、建築業界に特化したクラウド型コミュニケーションツール『ダンドリワーク』の開発・販売・運用を行なう株式会社ダンドリワークスを設立。その後独立。現在は、建築・住宅業界の抜本的改革を生みだし、業界全体の活性化に繋がるよう、日々業務に取り組んでいる。

6月7日(金)
A会場
10:30-11:15

トレーラーハウス宿泊所経営と小規模不動産特定共同事業の活用

(株)Brain Trust from The Sun 代表取締役
大川 桂一 氏

大川 桂一 氏
詳細 ▼

ファイナンシャルプランナーがトレーラーハウスを活用した宮古島のグランピング施設「RuGu」をサポートして見えたトレーラーハウスを活用したメリットとデメリットと小規模不動産特定共同事業の活用して、地方創生事業を行う㈱Brain Trust from The Sunの代表大川桂一と㈱パークホームズ代表池田昌弘のパネルディスカッション形式のセミナー

プロフィール

宅地建物取引士・公認不動産コンサルティングマスター・CFP 証券会社、建設会社、不動産会社を経て独立。賃貸住宅の分譲と経営・太陽光発電所の分譲と経営・ソーラーシェアリング経営・シェアオフィスを手掛ける。鎌倉で五件の宿泊施設を経営。池田昌弘 株式会社パークホームズ 代表取締役トレーラーハウスの本場米国のCavco社ライセンス商品と、価格を抑えた日本製自社オリジナル商品を展開。いずれも日本の気候に適した構造にカスタマイズされており、標準で寒冷地仕様となっているため、北は北海道、南は沖縄まで過酷な日本の環境に適合しており、今までは住宅性能に難ありと言われていた従来のトレーラーハウスとは一線を画す商品を展開している。

11:30-12:15

屋根外装におけるドローン活用について

(株)CLUE 法人事業部
渡辺 駿 氏

渡辺 駿 氏
詳細 ▼

屋根・外装点検は今後ドローン活用によって大きく変わります。
滑落事故の防止、点検作業の効率化、見える化による信頼度の向上。
そのようなメリットを解りやすくお伝えいたします。

プロフィール

(株)CLUEにて、屋根・外装点検用ドローンアプリ「DronRoofer」の営業に従事。
多くの屋根事業者様からの生の声を参考に、日々勉強している。

12:30-13:15

北海道胆振東部地震による地盤被害状況と地盤改良工事の検討

會澤高圧コンクリート(株) 基礎地盤本部
菊地 朋貴 氏

菊地 朋貴 氏
詳細 ▼

2018年9月6日未明、北海道の胆振地方を震源とした『北海道胆振東部地震』が発生しました。震災により、北海道全域がいわゆる『ブラックアウト状態』となり大規模停電が発生した他、同時に社会インフラや宅地にも大きな被害をもたらしました。今回の講演では、特に宅地における災害状況に焦点を当て、今後の新築物件に対する設計提案や地盤補強工事について考えます。

プロフィール

青森県八戸市出身。高校卒業後にOA機器のセールスマンとして社会経験を積んだ後、現在の職種(戸建住宅向けの地盤調査・地盤改良工事)に転職。転職後は地元で1年半ほど勤務した後、転勤で北海道に籍を移す事となり現在に至る。そこで、今後の私に大きな影響をもたらす人物と出会う。その方はいわゆる地盤オタクであり、現場で起こる設計と施工のギャップを的確な知識で考察して、私に原因を教えてくれる。答えが分かると楽しくなる。より一層の知見を深めたくなり、現場に出向いて現場で何が起こっているのかを自分の目で確認する。そして、悩む。そして答えを見つける。現在の仕事内容に楽しさを見いだす事ができている私は本当に幸せな毎日を送ることができていると思う。札幌周辺の戸建住宅の改良長は、地図を見れば大体分かります。

13:30-14:15

全米№1断熱、1時間防火性能を住まいに提案
(自然素材断熱吹付工法)

(株) アップルゲートジャパン 代表取締役
峯村 幹夫 氏

峯村 幹夫 氏
詳細 ▼

※現在準備中です。しばらくお待ちください。

プロフィール

※現在準備中です。しばらくお待ちください。

14:30-15:15

壁紙のクロスは張り替えずに洗浄が出来ます

(株)アークビルサービス 未来・環境推進部
松崎 一太 氏

詳細 ▼

空室後の原状回復のコストダウンご提案。クロスは張り替えずに洗浄が出来る、また水回りの塗装や床の張替えも自社施工。自社で請け負えないものでも協力会社様が対応出来るので、1社で建物の管理が出来る。

プロフィール

5年間フード事業部で活動し2年前に本部に異動。現在は未来・環境推進部で営業として勤務。実際に現場にでて知識を学ぶ日々を送る。

B会場
10:50-11:35

ゼネコン2万現場のノウハウ活用。住宅産業で進む超高効率な施工管理革命!

(株)フォトラクション 代表取締役
中島 貴春 氏

中島 貴春 氏
詳細 ▼

※現在準備中です。しばらくお待ちください。

プロフィール

1988年生まれ。芝浦工業大学大学院では最先端の建築情報モデリング手法BIM(Building Information Modeling)を研究し、2013年に博士課程を修了。新卒で竹中工務店に入社し、大規模建築の現場監督に従事した後、建設現場で使うシステムの企画・開発およびBIM推進を行ってきた。その後、2016年にCONCORE’Sを創業した。

11:50-12:35

i-Constructionに対応する生産現場での3次元測定機活用方法

東京貿易テクノシステム(株) 海外商品部
眞田 裕樹 氏

眞田 裕樹 氏
詳細 ▼

弊社は3次元の専門集団として様々なソリューションを提供しております。
今回、国土交通省の新しい取り組みi-Construction(アイ・コンストラクション)に対応する最新3次元測定機「Leicaレーザートラッカー」の3次元計測活用をご紹介。現場で計測結果の合否判定や計測データ活用のご紹介(各部品計測データを活用してのバーチャル組付け等)著しい進歩を遂げた非接触三次元計測システム、高度で高付加価値作業を実現する自動化技術もご紹介します。

プロフィール

他業界で新規事業の立上げ業務に従事し、東京貿易テクノシステムにて現職。入社以来3次元測定機「Leicaレーザートラッカー」のソリューション営業を担当しております。マニュアル測定から測定・組立自動化やその他活用方法をお客様へご紹介しており、Leica活用セミナー講師も担当。今まで1,000名以上の方々にLeicaレーザートラッカーの活用方法をご紹介してまいりました。今回、汎用性のある「Leicaレーザートラッカー」の様々な活用事例もご紹介できればと思っております。

12:50-13:35

地盤改良工事での六価クロム発生について

初野建材工業(株) 環境事業部 主任
吉武 慎平 氏

吉武 慎平 氏
詳細 ▼

住宅を建てる際に、地盤が弱い場合は地盤改良工事が必要になることは皆さま周知の事実だと思います。
しかしセメント系固化剤を使用した地盤改良工事では、約5%の確率で環境基準を超える六価クロムが発生してしまっているデータがあります。
セメント系固化剤を使用した地盤改良工事での六価クロムが溶出しまった事例、六価クロムの危険性、どのような条件下で発生するのか?
危険性をしっかり把握し、より安全安心な地盤改良工事をする必要があります。

プロフィール

1986年4月8日 生まれ 32歳 
千葉県生まれ、大阪、埼玉育ち、さいたま市大宮区在住
春日部共栄→武蔵大学 卒業
〇家族構成  嫁、長男
〇職務経歴
某飲料メーカーで営業、某生命保険会社でライフプランナーを経験したのち、カナダ、バンクーバーで1年間過ごす。2018年に帰国後、初野建材工業(株)にて『改良6出なし』の営業として勤務中。世の中の6価クロムを3価クロムに還元中。
〇趣味
野球 春~秋は毎週草野球やってます。
子供の世話 0歳の長男がおります。

13:50-14:35

ニオイ・CO2デュアルコントローラーによる快適空間と省エネルギーの実現

シー・エイチ・シー・システム(株) 取締役副社長
渋谷 俊彦 氏

渋谷 俊彦 氏
詳細 ▼

居室内のニオイレベルを計測し、「0~99」の100段階で出力・表示させ、計測値に応じて換気設備や脱臭装置を自動制御できる製品を開発しました。
CO2センサーも内蔵しているため、ニオイとCO2濃度による換気設備のデュアル制御が可能です。ニオイとCO2のレベルを適正に保ちつつ、空調負荷の大幅な削減が可能な「ニオイCO2デュアルセンサー・コントローラー」をご紹介します。

プロフィール

学歴
・早稲田大学創造理工学部卒業
・ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン バートレット校 建築環境工学大学院修了
・ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン バートレット校 建設経済・経営学大学院修了
・ケンブリッジ大学ジャッジビジネススクール ジェネラルマネジメントサーティフィケート修了

職歴
・東京電力(株)(2000年~2012年)
・C.H.C.システム(株)取締役副社長(2012年~)
・システム・ハウジング(株)代表取締役社長(2013年~)
・T2Pアーキテクツ(株)代表取締役社長(2017年~)

資格
一級建築士、エネルギー管理士他

C会場
11:10-11:55

快適なIoT住宅を低コストで提供するには?すぐ実践できるスマートホーム

ラトックシステム(株) 営業部
橘 雅文 氏

橘 雅文 氏
詳細 ▼

スマートスピーカーの登場でトレンドとなりつつあるスマートホーム。住宅に付加価値をつけたいがどう取り組めばいいかわからない、と導入の機会を逃していないでしょうか。

たとえば、スマート家電リモコンを組み込んだシステムであれば、賃貸住宅に備え付けの家電そのまま、短期間で手軽に実現できます。

本セミナーでは、物件にあわせたシステム開発や設備工事不要、従来の家電で簡単・低コストにスマートホーム化できるシステムを、事例を交えてご紹介します。

プロフィール

2004年 ラトックシステム(株)入社。営業部配属。パソコン周辺機器、パソコンパーツを中心とした営業活動に従事。10年以上にわたり大手家電量販店本部営業を担当。以降、PCオーディオ黎明期に、USBオーディオなど新規軸のカテゴリ参入成功も収め、オーディオショップなどの未開拓分野に対する新規開拓等も行う。2016年 各種ソリューション等を提案する、コーポレートソリューショングループに参加。IoT関連製品やスマート家電リモコンを利用した住宅システム案件の獲得など、スマートホームに関する営業実績もあり現在に至る。オーディオ関連のYouTube番組出演や、クラウド関連イベント等でのセミナー登壇経験も有り。

12:10-12:55

自家消費型太陽光システムによる省エネ化

Upsolar Japan(株) 副社長
佐藤 彰 氏

佐藤 彰 氏
詳細 ▼

電気代の上昇、BCP対策、CO2削減等のエネルギー問題解決のカギとなる自家消費型太陽光システムについての説明。企業の社屋、工場、空き地に太陽光システムを設置し、そこで発電される電気を構内で消費する事によりエネルギーコストを削減します。また太陽光パネルメーカー直販ならではの早期投資回収プランの説明、その他技術、導入サポート等、アップソーラー社の強みもご紹介いたします。

プロフィール

三菱重工にて航空機部品バイヤーとして従事した後、SONYに転職。サプライチェーン部門で日本、香港拠点にて活躍。その後のアップソーラージャパンにオペレーション部長として入社し現在は同社の副社長を務める。太陽光パネルメーカーとしては珍しい自家消費システムの企業への直接販売を開始。従来の代理店・工務店を経由した販売チャンネルに比べ、より短期での投資回収が可能なモデルを確立。再生可能エネルギー固定価格買い取り制度の開始直後から太陽光市場に従事している為、コスト、技術、配送等、多方面での知識を有する。

13:10-13:55

防臭・防虫に最適商材!排水トラップリニューアル工事施工加盟店説明会

(株)Beau Belle (ボーベル) 品質管理部 部長
杉浦 謙二 氏

杉浦 謙二 氏
詳細 ▼

排水口からの臭いや害虫にお悩みの方必見です!特許取得済のドライ式トラップ「trapo(トラポ)」の商品紹介と、現在まで当たり前に使用をしてきました水を溜める排水トラップの不具合の数々を説明。簡単施工で防臭・防虫・配管内の圧力調整ができる性能をお伝えさせていただきます。世界初となる競合のないまったく新しいビジネスです。この機会に是非とも説明会にご参加いただき御社のビジネスにお役立て下さい。

プロフィール

(株)BeauBelle 商品管理部 部長
二級建築士・福祉住環境コーディネーター2級・応急危険度判定士・木造耐震診断員
25年間の建築士としてのノウハウを生かして「trapo(トラポ)」の設計・図面作成など商品開発・管理を担当。
現在、「trapo(トラポ)」事業と並行して愛知県刈谷市にて工務店(ヤマニ創建)を営み、1,000人を超えるお客様を担当して様々なお悩みを解決。
排水口の臭いと害虫でお困りの方々のお役に立ちたい思いと、ビジネスとしての「trapo(トラポ)」事業の将来性を多くの方々に知っていただきたいという思いで活動しています。宜しくお願いいたします。

ページ上部へ戻る